色々な美容系Youtuberの動画を見るようになり、アイテムそのものよりも有効成分が気になりだした今日この頃。
「結局私の肌にはどの成分がいいんだろう?」
と考えるようになりました。

かつて美白オタクの戯ちゃん。が「アクアレーベル(青)」を推していて、その有効成分が「トラネキサム酸」でした。

トラネキサム酸は元々止血をするために開発されたもので、比較的安全性が高く内服薬にも外用薬にも使われています。
美白化粧品に配合されている場合、その特徴としてメラニン生成に繋がる情報伝達物質をブロックする働きがあります。
よって、シミ予防に効果が期待できる成分と言えます。

一方、同じ美白成分でもビタミンC誘導体はアプローチが違います。
トラネキサム酸との一番の違いはメラニンを還元(無色化)する作用があること。
よってこちらは、シミの改善に効果が期待できる成分となります。

さて、話は戻りまして
私の場合、美白化粧品は主にビタミンC誘導体(とはしかた化粧品のプラセンタ)しか経験がなく、

トラネキサム酸って実際どうなの?

と興味が沸いてきました。
アクアレーベルは1本200mlと比較的たっぷりでありながらお値段は1300円程度。
合わなかったら背中ニキビに使うつもりで購入してみました。
ちなみに、「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の中から「さっぱり」を選びました。
※購入するときにしっかり確認してくださいね!

スポンサードリンク




インナードライ&ニキビ肌の私がアクアレーベルを朝晩1週間使ってみた

使い方&使用感

アクアレーベル(化粧水)の使い方ですが、化粧水をたっぷり染み込ませたコットンで1分間パッティングしました。
ローションパックも好きですが、さっぱり系化粧水の場合はパッティングの方がいいと個人的には思います。
「しっとり」「とてもしっとり」をチョイスした方で「くどい!」と感じている人はローションパックでもいいかも。

残念ながら使用感だけでいうと「THEプチプラ」という感じ。
ものすごく人工的な匂いがするし、さっぱりタイプだからかエタノール感も強いです。
現在、主力選手が「はしかた化粧品(ドクターズコスメ)」なので、ちょっと面食らいました。

参考記事:
【レビュー】噂のプチプラドクターズコスメ「はしかた化粧品」を試してみたよ

さっぱり派の強い味方!はしかたの美白化粧水&美容液

ただ、保湿はしっかりとできているし、夏場の使用にはぴったり。
特にトラブルもなく使えました。

一週間後

体内の調子が今一つなせいか肌がゴワゴワして美しくないのですが、今現在加工なしだとこんな感じ。

さすがに短期間なので白くなった実感はありませんが、肌のくすみは見られずトーンアップした印象。
あと、痛みを伴う赤ニキビはできませんでした。
これは地味に助かる…!!

こんな人は注意!

以上のように、私には割と合っていたのか

・肌のトーンアップ
・ニキビ予防

の効果は感じました。

一方、当然かもしれませんが、ニキビ跡への効果は今一つ。
なので「メラノCC(美容液)」との併用が人気なのでしょうね。

 

ただ、この合わせ技で「ビニール肌」になったとの声もあり、万人に良いわけではないようです。
※ビニール肌…一見ツヤのあるきれいな肌に見えるが、トラブルを起こしやすい状態になっている肌のこと

このビニール肌に関しても、その人のクレンジングや洗顔などのケアが見えない以上因果関係はわからないのですが、やはりプチプラコスメなので、化粧品でトラブルを起こしたことがある人は避けるのがベターだと思います。
そういう方は敏感肌用化粧品やドクターズコスメに頼ってください。
自然派化粧品に関しても自然由来だから安全・誰にでも合う、というわけではないので難しいところ。
とにかく自分の肌は自分で研究しないといけないですね…。

まとめ

私に関して言うと「ヘチマコロン」との相性も良かったので、プチプラでもトラブルを起こさない人は「アクアレーベル」も問題なく使える可能性が高いと思います。

関連記事:
夏の肌と相性良し?プチプラ化粧水「ヘチマコロン」を久々に使ってみた

当面はアクアレーベルをスタメンにしてニキビが複数できたらヘチマコロンに選手交代しようと考えています。
はしかたの美白ラインは紫外線の量が落ち着いたら再登場させる予定。

腕の美白もしたいので、今後も色々と試してみます!

ではでは~