過去のバズツイートを見て以来、はしかた(箸方)化粧品の大ファンです。

経緯については過去記事をご参照ください。

Twitterのバズツイートを色々試してみた

【レビュー】噂のプチプラドクターズコスメ「はしかた化粧品」を試してみたよ

さて、今回扱うのは箸方化粧品の美白化粧水&美容液です。
多くのアイテムが500円で売られているのに対し、美白化粧水は1本1000円、美容液は2000円と相対的にお高めです(あくまで相対的にですよ)。

私は年間を通して美白化粧品(たまにニキビケア)を使用しているのですが、どうしても夏だけは保湿成分特有のベタベタした質感がダメで、多くの化粧品が却下されてきました。
ぶっちゃけハトムギ化粧水ですら「もっとさっぱりして!」と思うレベルです。

そんな中、はしかたの美白シリーズは真夏にぴったりの使いやすさでビックリ。
今回はその感動をお届けしたいと思います。

スポンサードリンク




はしかた化粧品 薬用美白化粧水

まずはスペックから。

【価格】1000円(税込)
【内容量】120ml
【テクスチャー】さらさら
【色】透明(無着色)
【香り】なし(無香料)
【有効成分】ブタプラセンタエキス-1、グリチルリチン酸2K


後方に息子の手が…

他の化粧品と比べるとサイズ(量)は若干小さめです。
テクスチャーはさっぱりしていてほぼ水みたいな感じ。
しかし、肌につけるとぬるぬる・ベタベタすることなくしっかりと保湿ができます。
若干エタノール臭はありますが、配合量が少ないのかそこまで気になりません。
キャップもワンタッチで開閉できるタイプでズボラさんには地味に嬉しい。
(回して開けるタイプは本当に面倒臭い。。。)

美白の有効成分については以下別サイトより引用させていただきます。

プラセンタエキス

美容に関する効果は多くの報告がありますが、保湿効果、皮膚の血行促進効果、新陳代謝作用、メラニン排出作用、肝斑改善効果、色素沈着防止効果など保湿、美白およびターンオーバーの正常化に関する効果が主になります。
引用元:化粧品成分オンライン

プラセンタは美白に限らず幅広く美容効果のある成分なんですね。

グリチルリチン酸2K

強力な消炎作用があり、急性および慢性の皮膚炎に対して著しい効果が明らかにされているため医薬部外品の有効成分にも対応しており、化粧品の場合は、水に溶けやすいため主に化粧水や水溶性の美容液やオールインワンゲルなどに配合されます。
敏感肌用や乾燥肌用など肌に刺激をあたえない(肌にやさしい)化粧品に配合されていることが多いです。
引用元:化粧品成分オンライン

一言で表すと、「低刺激だけど肌トラブルに強い成分」といったところでしょうか。
私はニキビ肌なので「消炎作用」があるのは非常にありがたいです。

夏のケアはローションパックと決めており、この分量だと破産してしまうため日焼けしまくっている腕に使用しています。
顔は先日の記事でも扱いましたが、「ヘチマコロン」をバシャバシャ使っています。

参考記事:
夏の肌と相性良し?プチプラ化粧水「ヘチマコロン」を久々に使ってみた

はしかた化粧品 薬用美白美容液

【価格】2000円(税込)
【内容量】50ml
【テクスチャー】やわらかいジェル状・しっとり
【色】白の半透明(無着色)
【香り】なし(無香料)
【有効成分】ブタプラセンタエキス-1、グリチルリチン酸2K

こちらも使いやすいプッシュタイプ。
柔らかいジェル状なので伸びが良いです。
有効成分は化粧水と同じですが、化粧水より保湿成分ががっつり配合しています。
しかし、肌にすぐ浸透するので蒸し暑くても不快感はありません。

美容液を塗ったあと、はしかたの「じぇる」を薄く重ねるとキメが整ってツヤのある肌になります。
ニキビが出来そうなときは「じぇる」を「ザーネクリーム」に置き換え。
厚く塗らなければそこまでこってりしないのでおすすめです。

まとめ

美白化粧品は日焼けによるシミの発生を防ぐなど「マイナスにしない」ためのものなので、「白くなった!」「効果が抜群!」という感じではありません(ハイドロキノンとかなら即効性があるようですが)。
ただ、とにかく真夏でも使用感がいいのと、安くて高品質なので継続していこうと考えています。
実際、顔に関しては日焼け止めに頼らず通常のメイク(ベース&ファンデ)のみで過ごしていますが、むしろ日に日に白くなっている気がします。
はしかたのおかげなのかヘチマコロンの美容効果なのかははっきりとはわかりませんが、低コストで難なく使えているのでありがたい限り。
気になる方は是非チェックしてみてください。

箸方化粧品 公式ホームページ

ではでは!