7月も半分すぎ、異常なまでの暑さが続いています。それに伴い、日差しもかなり強烈になっていました。
大人は長袖やアームカバーで紫外線を防御することもできますが、さすがに体温の高い子どもに長袖を着せるのは無理!
ということで子ども用の日焼け止めを5月の後半くらいから毎日つけるようにしています。

一口に日焼け止めと言っても種類は沢山あるし、どう選ぶか迷いますよね。
そこで今回は、「MAMA-LABO(ママラボ)」と「マミー」の日焼け止め(どちらもポンプ式・ジェルタイプ)の使用比較をしてみたいと思います。
これから日焼け止めを購入される方、チョイスに迷っている方は是非選び方の参考としてご覧ください!

予備知識 日焼け止めの「SPF」と「PA+」って何?

SPF(=紫外線防御指数)
ざっくり言うと、紫外線によって皮膚に赤い斑点が出来るまでの時間をどれくらい伸ばせるかを表したもの(持続時間の目安となる)。現在はMAX50までと決められています。

PA(UV-A防御指数)
皮膚の黒化の防御指数を表したもの。+は3段階で設定されていて、上限はPA+++になります。

スポンサードリンク




MAMA-LABO(ママラボ) UVミルキージェルF

まず一つ目はMAMA-LABO(ママラボ)の日焼け止め。
スペックは以下の通りです。

【価格】定価1400円(500円/100gあたり)
【内容量】280g
【製造国】日本
【効果】SPF41 PA+++
【香り】シトラスハーブ
【推奨年齢】3才~
【ウォータープルーフ】なし
【落とし方】せっけん・ボディソープ

実物はこんな感じでたっぷりめ。息子は皮膚トラブル皆無なので2歳ですが普通に使えています。
親子でたっぷり使用しても大丈夫なのが嬉しいですね。
ジェルタイプあるあるですが、ポンプの口は放置してると固まります。※写真参照

テクスチャーはこんな感じです。少し黄色くてほんのりシトラスの香りがします。
日焼け止め特有の海っぽい?匂いはありません。
すーっと伸びるので塗りやすいです。ただ、たっぷり塗るとやや白く残り肌になじむまで時間がかかります。
(確実に効果を出したかったら沢山塗った方がいいので悩ましいところ)

湿気が多かったり、時間がたって汗をかいたりすると若干ベトベトします。
サラサラ質感が好きな人は向きませんが、お肌が乾燥気味の人はむしろ丁度いいかもしれません。

 

このシリーズだと、スプレータイプがウォータープルーフ仕様です。

マミーUVマイルドジェル 100g

続いてご紹介するのはマミーUVマイルドジェルです。
だいたいのドラッグストアで見かけるので割と手に入りやすいと思います。

【価格】定価900円
【内容量】100g
【製造国】日本
【効果】SPF33 PA+++
【香り】なし(無香料)
【推奨年齢】1才~
【ウォータープルーフ】なし
【落とし方】せっけん・ボディソープ

実物はこれ。くまちゃんのデザインがとても可愛いです。
こちらは食品成分90%で低刺激なのが強み。

テクスチャーはママラボと比べるとツヤがあり水っぽいです。
伸びがよく、肌なじみも◎。伸ばすとすぐに透明になるので厚塗りにしても目立ちません。
香りは完全な無臭。

塗った後はさらさらというよりしっとりとした質感。
しかし、汗や湿気によるベタベタはそこまで感じませんでした。

 

このシリーズはミルクタイプがウォータープルーフ仕様だそうです。

MAMA-LABO(ママラボ)&マミーを比較

MAMA-LABO(ママラボ)はこんな人におすすめ

・コスパ重視
ママラボ500円/100g マミー900円/100gなのでママラボの方が低価格

・日焼け防止効果が高い方を選びたい
ママラボ SPF41 PA+++ マミー SPF33 PA+++
数値的にはママラボに軍配。
ただ、ケチって使ったり塗り直しをサボると焼けるので気を付けて!

・虫よけ効果が欲しい
シトラスの香りによる蚊忌避試験実施済み ※公式サイトより

・しっとりの質感が気にならない
先述の通り、気候や汗によりべとつくことも。それが気にならない、むしろ助かるという人はママラボとの相性◎です。

マミーはこんな人におすすめ

・小さい子(1歳~)や肌の弱い子に使いたい
食品成分が90%。低刺激&弱酸性にこだわったアイテムです。

・短時間で塗りたい
伸ばすとすぐ透明になるので、効果を上げるために厚めに塗布しても白くならず目立ちません。
朝、急いでいる時などは意外と助かります。

・子どもを楽しませながら塗りたい
くまちゃんのデザインなので子どもウケ抜群。息子も買ったら即開封してと興奮気味でした。

・ヌルヌル、ベトベトしないタイプを使いたい
さらさら仕様ではありませんが、ママラボと比べるとべたつきは軽め。

まとめ

個人的には

・コスパ重視ならママラボ
・肌への優しさ重視ならマミー

だと思います。

ママラボは5~6月の比較的涼しい時期は息子と兼用していました。
7月からは私はさらさらタイプの大人用、息子はマミーに移行しました。
しっとり(ベタベタ)というのがどうも苦手で^^;

美容オタクの戯ちゃん。曰く、「日焼け止めは高いものを使うよりも安いものでもたっぷり塗布&こまめな塗り直しを」とのこと。
買い物などのちょっとしたお出かけにはポンプタイプで十分ですが、長時間のレジャーには持ち運びができるタイプの購入が必要です。

関連記事:
【個人的推し】美容系Youtuberなら「戯ちゃん。」一択

ちょっと面倒ですが、肌の健康のためなのでお互い頑張りましょう><
ではでは!