先日、東京都立「六仙公園」というところに行ってきました。

タイトルを見ておやっ?と思う人もいるかと思いますが、割と辺鄙(へんぴ)なところにあります。

所在地 東久留米市中央町三丁目
アクセス 西武池袋線「東久留米駅」から西武バス「中央図書館」下車 徒歩15分

引用元:六仙公園│公園へ行こう!

見ての通り、最寄りのバス停が最寄りと言えないレベルで離れてます。
ただ、イオンモール東久留米からは7~800mくらいの距離で、イオン+公園で一日コースのお出かけが可能。
水遊びもできるし、設備自体は割と新しいのでご紹介したいと思います。

スポンサードリンク




東京都立「六仙公園」ってこんなとこ

アクセス・駐車場

先ほども触れましたが、地図だとこんな感じです。

敷地は結構広く、土日でもかなり持て余してるのに駐車場がないのが残念なところ。

とはいえ、お弁当・着替え・テントなどを持参しているご家庭は徒歩だとしんどいので、こんな感じで近隣に泊めていました。
※規定があるのかはちょっとよくわかりません

少なくとも縦列駐車できない人はアウト。すなわち私アウト(そもそも運転自体が下手過ぎる)

園内の様子

六仙公園は2つに分かれていて、東(イオンモールから見て右側)はこんな感じ
置かれているのは健康器具とベンチのみ。
バドミントンや犬の散歩をしている人がいましたが、土曜でもほぼ貸し切り状態でした。

▽こっちは西側。水道・水遊び場・お手洗い・自動販売機はこちらに集約されてます。

遊具はこの滑り台だけで、あとは健康器具だけ。
アスレチック的な楽しみ方はできません。
その分敷地が広いので、バドミントンやフリスビー、自転車の練習をしている子どもが多く見受けられました。
あと、楽器を練習している人もいましたね。

これらはすべて健康器具たち。木陰は7月でも結構涼しかったです。

水遊び場

暑い日に嬉しい水遊び場。
ドーム型の噴水から水が流れます。
水深はほんの数センチなので小さいお子さんも安心して遊べます。
ただ、歩行が安定しない子だと滑るかな?親御さんが付き添うことをおすすめします。

水の量はあまりないですが、おもちゃの船を持って行って流すと楽しいと思います。
水鉄砲は他の子にかけないよう注意すればアリ。
今のところ東久留米の公園でモンスターペアレンツに出会ったことはないので、節度を守れば平和に過ごせます。

トイレ

トイレは一か所のみ。横に自動販売機があります。

左から「誰でもトイレ(洋式)」「女子トイレ(和式)」「男子トイレ(立ってやるやつ)」です。

洋式は「誰でもトイレ」だけですね。
誰でもトイレは多機能トイレと書こうかと思ったのですが、オムツ交換台はなし。
男子トイレは一応つい立てがありますが、近くまでくればドアがなく丸見え。

ただ、設備自体は新しくトイレットペーパーもちゃんとありました。
汚れ具合はTHE公園って感じで、特別キレイではないですが無法地帯でもないです。

六仙公園のここが素晴らしい!

残念ポイントについてはすでに小出しにしたので割愛。
まず、六仙公園はベンチがとても多いです。
健康器具もそうだし、ご年配が多い街ならではかなと。

日差しはモロに直撃しますが、ここのテーブルとベンチはとてもきれいです。

あとは花壇がとても綺麗。春は桜も咲くそうです。
一部を占有しなければ撮影許可はいらないので、子どもや家族の写真を撮るのも◎

参考記事:
総費用1万円以内!フリーカメラマン+ネットプリントで素敵な家族写真を残そう!

そして何より広いです。

周辺のほとんどが畑ですし、多少騒いでも気になりません。
自転車の練習や凧あげなど、スペースが必要な遊びにはもってこいです。

私はイオンでお惣菜を買って、ピクニックをしました。
木陰にテントを張って読書をしてるマダムがいたりと、優雅な過ごし方も可能。

まとめ

「駅から遠いのに駐車場がない(路駐)」「トイレが和式」など残念ポイントもありますが、水遊びは子どもたちに大人気でかなりにぎわっていました。
遊具が少ないのもマイナスですが、バリバリのスポーツ系ならボールやバドミントンで思いっきり遊べます。
今年は水遊び目当てであと数回は行く予定です◎
良かったら一度利用してみてください!

ではでは~