ここ数年、「起床時の疲労感」が尋常じゃないのが悩みでした。
恐らく質のいい睡眠を取っている人はすっきりと目覚めるのでしょうが、私の場合は朝からぐったり。
トータルの睡眠時間は7時間くらいなので、決して寝不足ではありません。
しかし、その割に睡眠を取った気がしませんでした。

ママの生活はハードと思われがちですが、意外と運動量的には少なかったりします。
私の場合だと、家は駅から徒歩8分。買い物は電動自転車。日中の活動はPCか家事のみなので、ほとんど体を使っていません。

ですので、

深い眠りにつけない ⇒ 起きたら疲労感 ⇒ 活動する気が起きない ⇒ 運動不足 ⇒ 深い眠りにつけない

という完全にダメなサイクルに入っていると予測しました。
しかし、なんせエビデンスがない(運動不足は本当だけれども)

そんな時、「睡眠のデータが取れるスマートウォッチが格安で手に入るよ!」という情報をゲット。
お値段はなんと3000円台とのこと。
時間をスマホでいちいち確認していたので、ちょうど時計も欲しいと思っていたところ。
試しに購入してみることにしました。

Xiaomi(シャオミ)という中国の企業の製品です。
中国語がわからなくても使用できますのでご安心を。

スポンサードリンク




Xiaomi(シャオミ)Mi-band2を普通の主婦が使ってみると?

見た目・使用感

Amazonで夜に注文したら翌日には届きました。
つけるとこんなかんじ。

ベルトは購入時の付属品をそのまま使用しているので、いかにも「スポーティ!」という感じ。
女性らしいデザインにしたい方は別途購入することをおすすめします。
個人的には、軽いしファッションもそこまでフェミニンではないので今のところ現状維持です。

  
本体はこんな感じで充電します。

機能や表示がシンプルな分充電の持ちはかなり良くて、MAX20日持つそうです。
私の場合は10日~2週間くらいかな?
お風呂の時以外は基本つけっぱなしなので、充電長持ちは非常に助かります。
また、ママに嬉しい生活防水仕様。
息子の体を洗う時や洗顔で濡れることは多々ありますが、今のところ問題なく使えています。

超軽量なので、つけたまま寝ても全く気になりません。
ただ夏場は汗でちょっとペトペトします(これは仕方ない)。

ボタンをタップすると、時刻・歩数・脈拍が確認できます。

で、ちょっとMi Bandの弱点を言うと、「両手が塞がってると時刻が見られない」ところです(ドーン)。
子持ちママは何かと両手が塞がりがちですが、「今何時!?」と思ってもタップしないと時刻がわかりません。
指でなくても何かに触れれば反応するので、手以外でタップする技を編み出す必要があります。

アプリで睡眠・活動量を確認してみた

Mi Bandで計測したデータの詳細はアプリ(無料)で確認します。
「Mi Fit」というアプリをスマホにインストールし、Bluetoothをオンにすると同期が可能。

Mi Fit

Mi Fit

Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

アプリの設定については、こちらのサイトがわかりやすいです。

Xiaomi Mi Band 2の実機レビューと使い方まとめ

早速睡眠のデータを取ってみた

全然眠れてない

深い眠りの時間で言うと、下位6%に相当するそう。
うげー、疲れが取れないわけだ。

試しに夫にも一晩つけさせてみました。
すると、

夫はちゃんと寝てる!!!
浅い眠りと深い眠り(薄い紫と濃い紫)がきちんと交代交代になっています。
※点数の下の帯グラフを参照

その後、

何回計測しても睡眠時間は平均7時間、深い眠りは45分前後。
平均歩数は4000と少々。

やはり生活を見直さなければいけない…。

ちなみにアクティビティ情報は

・歩数(チャリ移動はカウントされない)
・距離
・アクティブ時間
・消費カロリー

が計測可能。過去の履歴も参照できます。

過去一番頑張ってた日はこの日。

その日の睡眠はこんな感じ。

土曜日だからめちゃ寝てる(笑)
活動量と睡眠の質はまあまあリンクしてるかな?といったところ。

スマートウォッチを付けてからは、何となく活動量を増やす意識が向上したように思います。
その甲斐あってか、最初は45分から動かなかった深い睡眠も1~2時間を超える日が増えてきました。
体感的には寝つきを良くするには最低でも5000歩以上は歩かないとダメですね。

まとめ

一言でいうと、3000円台でこれだけの機能があるのはかなりお買い得だと思います。
不便なのは両手が塞がってて時間がわからない時だけ…。
中国メーカーの家電?を買うのは初めてだったのですが、操作性や使用感など全く問題ありませんでした。
後は数年単位で使えるかどうかだけですね。

生活習慣を見直したい方は是非チェックしてみてください。
ではでは~