目に紫外線が入るとシミの原因になる

というのをご存知ですか?

実は目から紫外線を察知すると、脳が「メラニンを生成しなきゃ!」と判断し、シミができるというのです。
なので、どんなに日焼け止めを塗っても目が無防備だとシミができる可能性があるわけです。

そこでシミ対策として「サングラス」の着用が有効になるのですが、なんとなくサングラスってつけにくくないですか??(笑)
普段のファッションにもよりますが、

・ガラが悪く見える
・おばちゃんっぽい
・セレブ気取り

みたいなイメージが個人的にはあります^^;

それに加えて、TV情報ですが

色が濃いサングラスをかけると瞳孔が開くのでより光を取り入れやすい

という説も。
恐らく、きちんとUVカット仕様になっている製品であれば問題ないのでしょうが、この情報により「濃いサングラス」をより敬遠するようになりました。

そこで購入しようと思ったがクリアサングラスです。

イメージとしては伊達メガネ(おしゃれメガネ)のUVカット版。
実際にかけてみると、ファッション性・利便性・機能性と色々メリットがありました。
また、化粧品と違い消耗品ではないので、長期的に見ればコスパも◎

今回はクリアサングラスの使用感・メリット、選ぶ際の注意点などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク




クリアサングラスを買いに行った

数百円から購入可能

私が見た店頭価格での最安値は3COINSの300円(税別)でした。
その他雑貨屋さんでも1000円~2000円で購入可能です。

私が購入したのはこちら

割とフレームが太めで、サイド(ウデとかツルと呼ぶらしい)は華奢なデザインになっています。
shop-inで税込み1080円でした。

で、ここでちょっと問題がありまして

ファッション性を重視するあまり紫外線透過率を気にせず購入

してしまいましたorz

紫外線透過率とは紫外線をどれくらい通すかを表したもので、通常は「紫外線透過率1.0%以下」「紫外線透過率0.1以下」というように表記されます。
ちなみに、この紫外線透過率はサングラスの色の濃さとは関係ありませんのでご安心を。

買う前に一応UVという表記は確認したので、「つけないよりはマシ」以上の効果はあると思われますが、まんまとプチプラの落とし穴にハマった感はあります。その分デザインはかなり気に入ってるんですけどね(笑)

ファッション性はいかに

んで、実際つけてみるとどうなったかというと、

こんな感じです。

なお、丸顔を改善した方法は過去記事で(ゲス顔)

いつもやる「アレ」を長くするだけ!簡単に小顔になる意外な方法

少し脱線しましたが、見ての通りサングラスのインパクトがデカいです。
個人的には茶眉+茶髪ボブとの相性がいいと思います。
もちろん似合うに合わないは個人差はありますが、日々ファッションがマンネリ化してる人は取り入れるといいかも。こなれ感(何それ)がアップします。

裸眼と違い多少視界はくすみますが、度付きのレンズと違って歪みはないので日常生活に支障はありません。
ただ、当たり前ですが眩しい光はそれなりに眩しいです(笑)
※眩しさの指標は可視光線透過率と呼ぶそうです

絶対に透明じゃなきゃ嫌!という場合を除けば、多少色がついていた方が快適だと思います。

主婦に嬉しいメリット

実際につけてみると、メイクが適当でもごまかせるということがわかりました。
上の画像はベースメイク・眉メイクしかしておらず、目元は完全にノータッチです。

昔学童でバイトしていた時に母と妹(どっちもメガネ)が現れたのですが、子どもたち曰く

「どっちもメガネだからどっちがはぐちゃんのお母さんかわからない」

と言われたことがあります。
あと、メガネの人は高確率で「メガネくん」というあだ名をつけられますよね?

そう、メガネは主張が強いのです

よって、メイクがしょぼくても、肌が多少荒れても、人々の目が行くのはメガネなので気にする必要がなくなります。

デメリット

クリアサングラス特有のデメリットは特にありません。
デメリットは「メガネのデメリット」とほぼ同じで

・長時間かけると耳や鼻が痛くなる場合がある
・メイクが崩れる
・汚れると視界が悪くなる(拭く手間が生じる)

などですね。
あとは度が入っていないゆえ、出先で外した時に紛失するリスクもあります。

本気でシミ対策をしたい人は専門店で

私の場合、「シミ対策」として取り入れるつもりがリサーチ不足でファッションアイテム化してしまいました。
いやいや、私はシミ対策をしたいの!という方は専門店で購入することをおすすめします。

眼鏡屋なら確実に取り扱いがありますが、中でも価格重視なら「JINS」を推します。
私も二回ほど度付きのメガネを購入しました。JINSの特徴はとにかくおしゃれで安いところです。

オンラインストアだとサングラスだけで100種類以上の取り扱いがあり、紫外線透過率0.1%以下(UV400nm/カット率99.9%以上)のサングラスが3000~5000円くらいで買えちゃいます。

モデルさんによる着用イメージ画像もあり、ファッションの参考にも。

▽JINS公式通販ショップはこちら▽

PC・スマホによる目の疲労や日焼けも気になるので、ブルーライト対策のメガネも追加購入したい今日この頃。

まとめ

シミ対策は色々ありますが、サングラスは化粧品やサプリと違って初期投資以外はかからないのが大きな魅力です。
壊れない限りは年単位で使えるので、エイジングケアを本格的に始めたい人は是非使ってください。

ではでは!