そろそろ薄着の季節がやってきますね。
ママ業は忙しさのあまり、体のお手入れは二の次になりがちです。
私は全身毛深く(その辺の美少年の方が薄い…)、ワキは毛抜き、手足はカミソリ、指・顔も…とムダ毛処理に多くの時間を割いてきました。
しかし、抜いても剃っても埋もれ毛で炎症を起こしてしまい、見た目的にはあまり美しくありませんでした。
そこでチャレンジしたのが、サロンの「光脱毛」でした。

結論から言うと、サロンの光脱毛は効果ありです。
ただ、出産してからはサロン通いができなくなり、

「せっかく薄くなったのだから、なんとか維持したい」

と思い、自宅用の脱毛器を購入しました。

今回はサロン通いの効果と、光脱毛器の使用感をお伝えしたいと思います。
サロンの光脱毛経験者は中盤まで読み飛ばして大丈夫です。

スポンサードリンク




サロンの光脱毛は効果あり!

私が「エピレ」の両ワキコース。料金は通い放題で500円未満と破格のお値段でした。

あまりに安いので強引な勧誘があるかと思ったのですが、エピレはあくまで「ご提案」レベル。
特に身構えることなく、毎回リラックスして通えました。
接客態度もつかず離れずで若干人見知りの私でも◎。

そもそも光脱毛とはなんぞや?という方に簡単に説明すると、ムダ毛の根っこを光で弱らせて徐々に薄くしていく方法
そのため、光脱毛の期間は剃毛オンリーで、毛抜きの使用はNGです。
施術をする前は毛を綺麗に剃ります。
光を照射すると黒い部分に作用するのですが、毛がボーボーだと光が分散して毛根まで届かなくなり、効果が奪われてしまうそうです。

サロンからも「施術する日の前日に剃ってください」と指示があり、大体2週間に一度のペースで通いました。
施術の方法は、仰向けに寝てバンザイの状態でスタンバイし、
光を当てる→保冷剤で冷やす→光を当てる を何回か繰り返します。
両ワキでトータルの施術時間は10分もかからないくらい。
照射すると輪ゴムをパチンとぶつけられるような軽い痛みがありますが、全然苦ではありませんでした。
(部位によって痛みの感じ方は変わるかもしれません)

「ちょっと薄くなってきたかも??」と効果を感じたのは3回目の施術後。
その後半年くらいで目立たなくなり、1年も通えばほぼ生えてこなくなりました。

しかし、妊娠を機にサロン通いはピタッとストップ。
サロンの規定で妊婦の施術はNGでした(光脱毛の胎児への影響がはっきりしないため)。

世の中には妊娠を機に剛毛になってしまうママもいるそうですが、幸い私は毛深くなることはありませんでした。
ただ、やはり放置はよくなかったようで、チラホラと毛が復活してしまいました…。

サロン脱毛のデメリット

予約が取りづらい

この一言につきます。
逆に言うと、それ以外はあまり思いつきませんでした。
経験者はわかると思いますが、ネット予約画面を見ると大抵は予約でいっぱい。
本来なら二週間ペースで通わなくてはならないのに、一度残業などで泣く泣くキャンセルすると次の予約は一か月後になったり。
店舗に縛りはないので、新宿店・池袋店・渋谷店、何月何日、何時…と検索をかけまくり、結構消耗していました。
出産してからは独身時代と違い時間の融通が利かなくなり、結局サロン通いはやめてしまいました。

あと、単純に時間が奪われるという点もデメリットですね。
大手のサロンだと駅の近くに店舗を構えているとはいえ、毎回通うとなると移動時間がかさみます。
その点、セルフケアは好きなタイミングで処理ができるので、サロン通いにかかるコストが0なのが魅力です。

フィリップスの光脱毛器「ルメア」をレビュー

産後のご褒美という名目で購入させていただきました。ここ数年で機種が爆発的に増えてますが、私はフィリップスの「ルメア」にしました。

簡単に使い方を説明すると、まず充電をします。

コード式もありますが、充電式だと思い立った時に好きな場所で使えるのがすごく便利です。
照射部分のアタッチメントを選び、セットします。

ボディ用、フェイス用、ビキニライン用の三種類です。
ワキを処理するときに、「なんか弱いなー」と思ったらフェイス用だったことがあります。
事前にちゃんと確認しましょう。
(ちゃんと確認しましょうといったそばから画像に髪の毛写ってて穴があったら入りたい)

電源を入れ、強さを選びます。

1~5段階まであり、数字が上がるほど効果が上がり、その分痛みも強くなります。
最初は毛の薄いところで「1」を試してみて、問題なければ徐々に強くしていくといいと思います。
電源を入れていきなり照射すると心なしかパワーが弱い気がするので、私はヘアアイロンのように1分くらいは置くようにしています。

脱毛したい箇所に押し当て、「Ready」ランプがついたらボタンを押して照射します。
たったのこれだけ。
アタッチメントがボタンの役割をしていて、体(皮膚)にしっかりと食い込まないと「Ready」ランプはつきません。
骨っぽい手の甲や膝なんかは少しやりにくいです。

サロン同様、痛みは「5」でもそこまで強くありませんでした。

照射する際の注意としては、光脱毛はメラニン色素(通常なら毛のみ)に作用するので、日焼けした肌にやると広範囲に反応し、

・脱毛効果が落ちる
・痛みを伴う

などの問題が生じます。

ですので、日焼けしていたり、しみ・ほくろなどがある箇所は避けた方がいいでしょう。
あと黒ずんでるところも気を付けて!超痛いです(どこが黒ずんでるかは秘密)

フィリップス「ルメア」を使った結果

二か月、計3回照射した結果がこちらです。恥ずかしいので画像小さめで。
※絵面が汚くて申し訳ありません

Beforeが4月半ばの状態でAfterが6月半ばです。
最後に剃ったのは6月の初旬。もう2週間以上経っていますが、毛は全く伸びていません。
ちょっと毛穴が目立つのと薄いほくろ(そばかす?)があるので美しくないですが、毛自体はほとんど生えてこなくなりました。
私はサロンでの光脱毛を経験しているのでこのような結果になりましたが、ゼロからのスタートだと3か月~半年以上は必要かと思います。
ただ処理は片方あたり数十秒という短さなので超ラクチン。

とにかく早い時期にスタートさせる、コンスタントに続けるのがコツです。

私は処理後のケアを怠っていたので肌のコンディションが悪くなってしまいました。
肌荒れや毛穴の開きを予防するためにも、処理後はきちんと保湿しましょう

私が使った機種はメア プレステージ パールホワイト SC2009/70です。
同メーカーのアドバンスの方が価格はお安めですが、個人的にはコードレス(充電式)のプレステージの方が使い勝手がいいと思います。
最大25万回照射可能なので、使い切る頃には全身つるつるになっているはずです(笑)

まとめ

ムダ毛処理はワックスシート、除毛クリーム、脱色等々経験してみましたが、光脱毛が一番手軽で効果的でした。
完了するのが半年~年単位という長いスパンになるのと初期投資が高い(数万円)のがデメリットですが、薄くなればかなり楽になるので試して損はないと思います。
今から始めれば夏までには多少薄くなりますし、来年の夏にはほぼ処理不要になるはずです。
是非一度お試しを!