30代に突入している私ですが、いまだに気を抜くとニキビ(吹き出物)が出ます。
種類はいわゆる「赤ニキビ」と呼ばれるもので、痛みを伴うものです。
お腹の調子が悪いとフェイスライン、ホルモンバランスが乱れると口周りにできます。

若い頃もTゾーンのニキビが大量発生していたので、ニキビとの戦いはかれこれ20年近く…涙
その長い歴史の中で数々のケア用品を試してみたので、その歴史をレビュー形式で振り返りたいと思います。
あくまで個人の感想という点に注意していただきたいのと、そもそも肌質・体質が全く違う人には参考にならないと思うので、以下に当てはまる人向けに描いていきます。

・インナードライ肌
※一見脂性肌のようだが、実際は水分不足による皮脂分泌過多状態の肌
・お腹が弱い
・ストレスを感じやすい性格、もしくはストレスの多い環境にいる
・油物が好き
スポンサードリンク




ニキビケア商品 怒涛の個人レビュー

資生堂「dプログラム」

敏感肌向けのニキビケアシリーズです。
さっぱりした使用感ながらも、爽快感がありすぎないのが〇。
匂いやテクスチャーに変なクセがなく、保湿効果もアリ。万人が使いやすい製品だと思います。
ただ私には合わなかったのか、ニキビ対策としては今一つでした。
ニキビ用化粧品はどうしてもさっぱりしがちなので、それが苦手な人には良いと思います。

石澤研究所「アクネバリア」

殺菌作用のあるティーツリーを使用した化粧品です。
洗顔せっけんは結構刺激が強め。シリーズ全体としてはツーンとした(良く言えばすっきりとした)使用感です。
夏場、もしくは完全な脂性肌の人なら相性が良いと思います。
肌の強さに自信がない人は週一、二日程度の使用にとどめるなど、使用頻度の調整が必要です。

 

 

一方、ポイントケア美容液は脂性肌の赤ニキビと相性良しです。
スポイトで取るタイプです。スーッとした香りでひんやりとした使用感が特徴的。

実際10代の頃はかなりお世話になっていました。
もしくは、夏場でギトギトになりやすい日はニキビ予防としてささっと使うといいです。
この薬用プロテクトスポッツはアマゾン・楽天では取り扱っていないようなので、ドラッグストアもしくは公式ストアをご利用ください。
石澤研究所 アクネバリアシリーズ

大塚製薬 オロナインH軟膏

皮膚トラブル対策の定番商品ですね。
使うと、効いてるような効いてないような…といった印象です。
あと匂いが嫌い!という人もいますね^^;
ニキビによっては我が家の定番アイテムでも太刀打ちできないことがあるので、最後の手段として使っています。

ユースキン製薬 ユースキンA

ニキビケアとして認知はされていませんが意外と効きました。
友人から大容量のポンプタイプを貰ったものの、冬でも手荒れしない体質なのでどうしたものか…と困っていたので、何となくニキビのできやすい背中に塗っていました。
すると、翌朝にはニキビが一回り小さく。
ただ、ベタベタするし肌着も汚れてしまうのが難点。
大きい赤ニキビができたときはユースキンAをたっぷりのせて絆創膏で蓋をするとより効果が高まります。

 

ライオン「ペアアクネクリームW」

第2類医薬品のポイントケア用品です。
今のところ大人ニキビ対策としては一番効果を感じています。ユースキンAとトントンかちょっと良いくらいですね。
値段も高くないですし、ドラッグストアで簡単に手に入ります。
私はドラッグストアで1200円程度で買ったのですが、アマゾンだと半額近くになってます。

 

 

また、一時生理前の調子が酷かったときは漢方エキス錠にもお世話になっていました。
生理前の体調不良や肌荒れに悩まされている人は是非チェックしてみてください。

 

 

 

—————————————–
<ご参考>いつものニキビケアご紹介

まずこちらがお手入れ前の肌です(きたない…)

ペアアクネクリームを塗り、絆創膏で保護。そして寝る。

翌朝の状態がこちら

腫れが引いて小さくなってます。効果はニキビのでき方によってまちまちですが、悪化の予防や炎症の鎮静化に効果が期待できます。
—————————————–

ジョンソン・エンド・ジョンソン「テラ・コートリル」

ペアアクネクリームと同様第2類医薬品。こちらは軟膏タイプで皮膚炎の薬として使用されています。
軟膏の色が黄色く、おうちでのケア専用になります。
(ペアの方は白いのでなじませれば外出先でもギリいけるか?といったところ)
こちらも赤ニキビにある程度の効果があるのと、医薬品で使用されているという安心感がポイント。
ドラッグストアで1000円程度で手に入るのも魅力です。
ただ、耐性がついてしまうと効果が出なくなるのが最大の弱点。
使用二回目にして早々に利かなくなったので、結局ペアアクネクリームと併用することに。
ニキビがたまにしかできない人はいいかもしれませんが、慢性的なニキビ肌の人には残念ながら不向きです。

 

LUSH「ハーバリズム」

ポイントケア以外のアイテムだと自信を持ってお勧めできるのがLUSHの「ハーバリズム」です。
知らない人のために説明すると、「ハーバリズム」はペースト状の洗顔料で米ぬかやアーモンドといった天然素材でできています。
ゆえに肌に優しい分使用期限が短いのが弱点。ただ、コンスタントに使えば確実に期限内には消費します。
米酢が入っているので酸っぱい匂いが苦手な人には向きませんが、使用後の肌はつるつるのモチモチ。
しかもニキビができにくくなる優れものです。

 

まとめ

ニキビケアは殺菌作用が強すぎるとダメージが強いし、かと言って肌に優しいと効果を感じなかったりと難しいですね。
今回ご紹介したものは大半が2000円以内で手に入るものなので、気になったものは是非チェックしてみてください。
また腸内環境も肌のコンディションを大きく左右するので、極力気を付けたいところ。

参考記事
ヨーグルトは夜に食べよう!お通じ改善・美肌を目指せる食べ方

まだぴったりのケア用品に出会えてない人の参考になれば嬉しいです。
ではでは!