▽節約主婦の強い味方!コスメ・日用品が格安で試せます▽

※2018/5/15追記あり
※2018/6/22追記あり

みなさんは「ベジブロス」をご存知でしょうか?
ベジブロスとは、普段は調理の過程で捨ててしまう野菜の皮や根っこなどを煮込んで作るだしのことです。

私は具沢山の豚汁が大好きで顆粒だしを使ってよく作るのですが、普通の味噌汁と違って顆粒だしと味噌は少なめでも美味しくいただけます。
なぜなら、沢山の具材のエキスが出て、調味料に頼らなくてもしっかりした味になるからです。
実際、妊娠中の母親学級でも「塩分の摂りすぎは危険なので、だしを活かした料理を」と指示が出ていました。

今回、興味本位でベジブロスを作ってみたのですが、
安い(実質タダ)・旨い・簡単・体にいい
の四拍子が見事に揃っていたので、詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク




ベジブロスの作り方

ベジブロス作りに使用するのは、野菜くずと水のみ。
私が使用したのは以下の通り。

左上はしいたけのいしづき(柄ともいう?)、その横が玉ねぎの根っこと先端、玉ねぎの皮、
左下からじゃがいもの皮、大根の皮、にんじんの皮です。

分量ですが、野菜くず100gに対して水1ℓが目安だそうです。
計るのがめんどくさかったので、この量に対して1.5ℓの水を使用しました。

土が入らないよう野菜くずを念入りに洗って、水の入った鍋に投入。
30分程煮込みます。

その結果がこちら

玉ねぎの皮の色素が出てめっちゃ茶色くなっちゃいました。
使用する野菜によって色に差が出そう。
野菜くずをざるにあけてスープだけ取り出したら完成です。

時間こそかかるものの、基本放置でいいので超ラクチン。

この時点で味見してみる。

……別に旨くはない(笑)

使用する食材によっては苦みが出るそうですが、苦みはないので一安心。
特に「この野菜の味がする!」という感じもなく、とにかく「凝縮された何か」という味でした(なにそれ)。

苦みが出るもの、アクが強いもの、匂いが強いものはベジブロスに向かないとか。
向かない食材の例としては、

・ブロッコリーの芯
・カリフラワー
・かぼちゃの種
・キャベツの芯 など

だそうです。
引用:「ベジブロスに向かない野菜とは?ベジブロスの作り方とは?」-Youthful Beauty

確かにキャベツなんかは匂いが強く、だしの風味を損ねてしまうのは想像できます。

逆に向いている野菜はカレーの材料になる玉ねぎ・人参・じゃがいもです。
他にもしいたけや旨味成分のあるトマトなど。
これらを調理した日は野菜くずを捨てずにとっておきましょう。
※じゃがいもの芽は毒素があるので使用しないでね!

※※2018/6/22追記※※
しめじの石づき(捨てちゃう部分)を丸ごと入れたら結構クセがでちゃいました。
ごぼうの皮は入れすぎなければそこまで匂いはつきません。
ただ、だしの色が黒くなるので、料理のいろどりを気にされる場合は避けといた方が無難です。

ベジブロスを料理に使ってみた

この日の夕飯は「塩豚じゃが」でした。肉じゃがの豚肉&塩味バージョンです。
普段の味付けは白だし、ごま油だったのですが、この日は水と白だしをベジブロスで代用。軽く塩で味を整えました。
いつもは白だしをドバドバと入れていたのですが、ベジブロス効果で少量の塩でも味が濃く感じました。

そして普段の味付けよりもコクがあって格段に美味しい!

血圧やむくみなどが気になる方は減塩も期待できそうです。

なお、ベジブロスの賞味期限は冷蔵庫で3日程。製氷皿に入れて冷凍保存してもOKです。
煮込み料理、スープ、とろみのある炒め物など、様々な料理で活用ができます。

※※2018/5/15追記※※
翌日、冷蔵庫に入れておいたベジブロスできのこのコンソメスープを作りました。
野菜嫌いの息子も完食するくらい美味しい出来。翌朝も自分で食べようとそのまま放置して就寝しました。
すると…

その翌朝にはコンソメスープが腐り始めていました(驚愕)

二日続けて最高気温(外気温)は28℃程度ですが、家の中は半袖でちょっと涼しいくらい。
スープの栄養と具の栄養が合わさって腐りやすくなっていたようです。

ベジブロス自体は冷蔵保存で3日程持ちますが、ベジブロスを使った料理はその日のうちに食べきるか、速やかに冷蔵庫に避難させてください。
牛乳と一緒で栄養豊富なものは気を付けないとですね。。。

ベジブロスがアンチエイジングに?

人の老化は活性酸素により体が錆びていくことが大きな元凶と考えられています。
活性酸素が原因と考えられる老化現象は、シミ・しわ、白髪など見た目に関わるものから、疲れやすくなる・風邪を引きやすくなるといった体調に関わるものまで様々。
そこで、体を老けさせないためには抗酸化力を高めていく必要があるのです。
野菜くずには抗酸化成分が含まれており、ベジブロスはアンチエイジングにも効果が期待できます。
実質タダで旨味と健康効果をアップできるとは…涙

私たち夫婦も30代。いよいよ老化現象との戦いが始まるので、ベジブロスはレギュラー入り決定です。

まとめ

料理の時間がなく市販の調味料に頼ってしまったり、外食が続くと濃い味付けに慣れてしまいますよね。
しかし、健康を気遣うなら調味料の過剰摂取は極力避けたいもの。
健康維持と料理の質アップのために、是非一度ベジブロスに挑戦してみてはいかがでしょうか?

過去に某保育園の給食を試食したことがあるのですが、薄味なのにとても美味で子どもたちのお残しもほとんどないと聞きました。
やはりだしの成分は有効なのですね~。
これを機に、顆粒だしから手作りのだしにシフトできるよう習慣付けをしていきたいと思います。
めざせ不老長寿!