そこまで便秘体質ではないのですが、たまに2日以上でない日もあったり、肌荒れを起こしたりとお世辞にもお腹が健康とは言えない私。
世間では腸活だ!菌活だ!とお腹の健康にフォーカスした情報が溢れています。
私もオリーブオイルを飲んでみたり、バナナやりんごを沢山食べたりした時期もありました。
しかし、色々試したものの、低リスクで確実に排便に繋がったのは3Aマグネシアだけでした。

3Aマグネシアはミネラルで出来ているため体に優しいのが最大のポイント。
体質に合わせて3~6錠の間で調整できるのも良かったです。
私の場合、大腸に問題があるのか便が固く出すのに苦労することが多かったのですが、3Aマグネシアを飲んだ翌日はするっと出ます。

余談ですが、定番の整腸剤であるビオフェルミンはなぜか効果が薄かったです。
旦那はトイレと仲良し状態になっていましたが……やはり個人差が大きいんですね。

さて、ここからが本題。
食卓でもおなじみ「プレーンヨーグルト」。みなさんはどのように食べていますか?
私は「朝」に「砂糖をかけて」食べていました。他の朝食メニューはパンとかコーヒーとか。

正直この食べ方をしていて「お腹にいい!」と思ったことは一度もなく…

しかし、ちょっと食べ方を変えたら1日5回の快便体質(超面倒w)になり、お腹の中が一掃されるという現象が起きました。
それがいいか悪いかは別として、その理由を以下に説明していきます。

スポンサードリンク




超快便体質になったヨーグルトの食べ方

夕食後に食べた

空腹時は胃酸で菌が弱まってしまう

それまでは朝一でヨーグルトを食べていましたが、空腹時の胃腸には大量の胃酸が存在し、胃酸に弱い乳酸菌やビフィズス菌が死滅してしまう可能性が。
朝食でヨーグルトを食べるのはOKですが、起きてから真っ先に食べると効果が得られにくいようです。

夜は腸が活発になる

副交感神経とリンクしているため、胃腸などの消化器官は夕方~夜(睡眠中)にかけて活発になるとか。
だから朝方お通じがあるんですね。
私は夜の摂取の方が体に合っていたようで、翌朝便意で目覚めるというかつてない経験をしましたw

一回につき130gくらい食べた

効果がなかった頃は適当な量を食べていたのですが、実は摂取量もポイントで、ヨーグルトの一日の摂取量は100gとされています。
それより多く食べても効果が上がるわけではないし、逆に少ないと十分な効果が得られなくなります。
私の場合、快便の時は400g入りのプレーンヨーグルトを三日に分けて食べていました。
四日に分けて(約100g)食べた時もありましたが、三日(約130g)の方が効果てきめんでした。
だいたい1パック3~4回に分けて食べるのが適量と覚えておきましょう。

冷凍ブルーベリーを入れて食べた

今まで、プレーンヨーグルトの味付けは砂糖オンリーだったのですが、実はそれも効果が今一つだった原因でした。
ある日テレビ番組で、ヨーグルトに含まれる菌だけ取り入れるより菌のエサとなる食物繊維も一緒に摂るのがおススメ。という情報をGET
特にフルーツとの相性がいいということなので、冷凍ブルーベリー(一袋298円くらい)を購入しました。

量で言うと、一回当たり10粒程度の消費なので意外と減りません。 フルーツの甘味で砂糖の量も抑えられるので一石二鳥でした。
本来ならオリゴ糖やハチミツの方が健康には良いと思われますが、結構高価なので砂糖を使っています(その辺の詰めは甘い)。
ブルーベリーだけだと物足りない・・・という方は、冷凍ミックスベリーもおススメです。
もちろん生のフルーツでもOKです!

具体的な効果

一日数回のお通じ

これらの食べ方を実践すると、腸が大掃除されているかのごとく便通が良くなります。
調子が良い(悪い?)時は一日5回くらい出ることも!
「一部の便秘薬は強烈な腹痛を伴う」といいますが、腹痛になることはありませんでした。
宿便が出てしまえばトイレの回数は減りますが、最初は翌日や翌々日の午前の予定を確認した上でトライした方が良さそうです。
(それくらいトイレと仲良しになる)

肌荒れ改善

お腹の調子が悪いとフェイスラインにニキビができる体質だったのですが、それもお通じによって改善されました。
やはり、便秘になると老廃物を体に溜め込んでしまうのが良くなかったみたいです。

また同時に、背中ニキビが減少。
元々汗っかきで、濃密な泡で洗ったりパウダーシートで清潔にしたりと努力していましたが、それでもダメでした。
しかし便秘が解消してからは、顔の肌荒れと同時に背中ニキビもできにくく。
肌荒れ改善にはデトックス体質になるのが一番手っ取り早いのかもしれません。

意外とお腹が膨れる

ほぼ水分で出来たヨーグルトですが、130gも食べれば結構お腹が膨れます。
夜も小腹がすくとついついおやつを食べたくなってしまいますが、夜のヨーグルトが習慣化してしまえば余計な間食を防げます。
デトックス体質になれば痩せやすくなりますし、手軽なダイエット習慣として利用するのもアリだと思います。
ちなみに、私は宿便を出すだけで一キロ減量したこともあります(笑)
過去のTVでは便秘対策だけで4キロ痩せた人もいました。腸内環境の改善はいいことづくめですね。

まとめ

・プレーンヨーグルトは「夜に」「100g程度」「フルーツと一緒に」食べるべし!

・便秘対策は美容&ダイエットの必須要件

効果には個人差があると思いますが、スキンケアでは肌荒れが改善しない人には腸内環境からのアプローチとして是非試していただきたいです。
それでは!